ドラゴン桜の長澤まさみ前作での役柄やシーズン2のキャストやあらすじについて

ドラゴン桜2キャストや見逃し配信1話から最終話の動画を無料で視聴する方法は?阿部寛・長澤まさみ・髙橋海人・南 沙良
本日から8月11日まで無料!

\ 「ドラゴン桜」を視聴するならParavi! /
 

※無料期間中の2週間で解約すれば料金は一切かかりません

配信サービス無料動画配信無料期間で見る
Paravi おすすめ動画配信サービス 2週間の無料体験あり
2週間無料トライアル
※途中解約OK

\ 2週間無料 /

ドラゴン桜のシーズン2が2021年4月25日から放送スタートします。出演している長澤まさみさんが2005年のドラゴン桜シーズン1にも出演していたのを知っていましたか?

今回は長澤まさみさんの2005年放送の時の役柄について、2021年に放送の役柄について、他のキャストの情報につていも詳しく調べていきます

目次

ドラゴン桜1の長澤まさみの役柄について

長澤まさみさんは2005年に放送されていたドラゴン桜1にも出演していました。

その時の役柄は龍山高校3年生の水野直美(みずのなおみ)です。両親は中学2年生の時に離婚したため母子家庭で育ちます。母親は江古田でスナックを経営し、客に媚びながら生活する母親の姿を嫌い特別進学クラスで猛勉強をして東大を目指します。

受験の結果、長澤まさみさん演じる水野は無事に東大に合格します。

16年前の長澤まさみさんは化粧をほぼしていない状態でこの完璧さ!美人なのが良くわかりますね。

水野がお母さんがお店を開けられない日に、特進クラスの授業を続けることが出来ないからやめると言い出しますが、クラスメイトが皆で店を開けるように力を合わせるシーンに感動した人も少なくないのではないでしょうか?

受験や勉強のノウハウだけではなく、皆で力を合わせて学力を上げていくストーリーは見ごたえありました!

>>ドラゴン桜1のキャストや無料で見る方法はコチラ

ドラゴン桜2の長澤まさみの役柄について

続いて2021年に放送されるドラゴン桜シーズン2での長澤まさみさんの役柄についてです。

東大を卒業した長澤まさみさん演じる水野は、阿部寛さん演じる桜木の下で弁護士として働いています。桜木のノウハウを引き継いだ龍山高校は進学校として成長しましたが、東大合格者は年々減っていく一方です。

桜木は龍山高校の理事となり既存の特進クラスとは別に「東大専門コース」を設置すると宣言します。その担当を自分の教え子である水野に任命しました。

つまり、長澤まさみさんは母校の担当講師になるという事になります。更に面白いのは龍山高校の理事長代理にはドラゴン桜1にヤンキー役として登場した江口のりこさん演じる龍野久美子が登場します!

>>ドラゴン桜の江口のりこ前作でヤンキー役くわしくはコチラ

ドラゴン桜2の長澤まさみさんは16年前の幼さはなく、美人敏腕弁護士としてキリッとキャリアウーマンな姿が魅力です。

ドラゴン桜2の初回の放送は2021年4月25日21時から初回25分拡大でスタートします。

>>ドラゴン桜2のキャストや見逃し配信についてはコチラ

シェアするといいことあり!?

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる